日々の戯言、ぶつぶつぶつ。。。
gocha.exblog.jp
Top
スマホデコの受注を受けた(第2弾)
2013年 07月 29日 |
d0058522_14112396.jpg
自分の黒ねずみ君(オールドミッキー)に始まり、人様に作ってあげたデコが好評らしく次々にご依頼を頂きました。
素人作品なので実費だけ頂きますが・・・プロ仕様の2~3分の➀で作れるので嬉しいらしいです。
ちなみに原価は【ケース+スワロ】で5~7000円くらい。
で・・・チップに続いての作品はこちら。

かんりにん世代には懐かしく、鎌倉在住の人からしたら害獣のあらいぐま【ラスカル】です。


そそそ、よく作り方を聞かれるので(えらい)簡略で書いておきましょうか・・・。
上の写真は➂までが終わって乾かしている状態です。

【スワロフスキーでのデコ電(キャラ)の作り方】
➀あまり細かすぎない線で書かれている下絵を探す(私のボキャブラリーではオリジナルは無理ですw)
➁携帯カバーのサイズに下絵を伸ばすor縮めて印刷する
➂下絵をカバーに書き写し乾かす(クリアなケースを使うと透かして上からかけるので楽です)
 ※下絵は色が足りるのであればマッキーなどの油性ペンでOKですが、アクリル絵の具を使って書いたほうが
   微妙な色合いが作れるのでリアルに出来ると思います。
➃乾いたら上からデコ電保護シートを貼り付ける(絵具など、色を塗ったところに直接貼るとボンドが剥がれやすくスワロが取れやすくなります)
➄保護シートの余分なところはカット。
➅決めた色のスワロを原画に沿って貼り付ける。
 ※貼りたい部分にボンド(専用のもの以外にもセメダインなどがいいですよ)を爪楊枝の先っぽで付けながら
   貼り付けていく。
 ※広くボンドを塗ってしまうと後から隙間にホコリが付いて取れ無くなります(乾いた後でもホコリは付きます)
➆貼り終わったら半日以上はしっかり乾かして終了♪

下絵までは比較的簡単なのですが、後半のひたすらスワロを貼り付けていく作業は根気が要ります。
一個ずつピンセットで掴むのだけで肩はカチカチ、目も疲れます。
ちなみに私がよく使っているスワロフスキーはss5(1.8mm)~ss12(3.1mm)のサイズ。
一体それがいくつ貼り付けられているかというと・・・iphone4で600個~、Android携帯(大きめ)で700個~くらいですかね。
スワロも高いけどこれだけの量を貼り付けてるんだから既存のもの買っても高いのは仕方ないですね。


★★★ 書き忘れてたから追伸 ★★★
上手くデコできる様になっても既存のキャラクターには著作権があるので勝手に作って売っちゃだめですよ~。
たぶんよほど売れない限り訴えられはしないと思うけどモラルの問題だから・・・。
個人でやってるデコのお店の人が堂々と作って売っているのがやたら目に付くのですがあれはどうかと思います。
個人的には「堂々と違法なことしてる人から物を買うことになる」ので購入は控えた方がいい気がしますよ。。。
[PR]
by ume-sato | 2013-07-29 14:11 | 戯言 | Comments(0) |
<< 船橋市”非”公式キャラクター「... ページトップ 久しぶりの科学博物館に行ってき... >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Cat&Fish Skin by Sun&Moon