人気ブログランキング |
日々の戯言、ぶつぶつぶつ。。。
gocha.exblog.jp
Top
<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 04月 30日 |
d0058522_15322311.jpg
花を枯らす母へ…
母の日のプレゼントにディップアートでテッカンの花を作っています。
一日掛かりでここまで…。
あと三輪…その葉っぱの組立が面倒臭い( ̄_ ̄)
気が遠くなりそうです…はぁ〜
2012年 04月 29日 |
エリアメール久しぶり〜。
慌ててらくちゃん抱っこして丸まってみたけどあまり揺れなかったわ(汗)
んで、テレビ見てたらうちの田舎が震源で震度5弱でした。
津波はないってことなので平気だと思うけど電話してみたら「いつもより揺れたけど…これからお風呂だから」と冷たくあしらわれてしまいました( ̄_ ̄)
まっ何もなかったって事でよかったわ。
2012年 04月 25日 |
4/28~5/6までGW♪
さて、かんりにんは9連休のうち何日家から外に出るでしょうね。
・・・一日くらいは実家に帰えろうかなぁ?
2012年 04月 23日 |

 (あらすじ) 高校2年生の冬、矢野(生田斗真)は家庭の事情で釧路から東京に転校するが、彼と七美(吉高由里子)は再会を誓い合う。それから数年後、就職活動に明け暮れる七美をそばで支えてくれたのは矢野の親友である竹内(高岡蒼佑)だった。最初は遠距離恋愛を続けていた二人だが、ある日突然矢野はぷっつりと消息を絶ち、音信不通のまま月日だけが流れていった。

**************************************************************

前半はそれなりに面白かったのですが後半ですっかり主人公(女)高橋の気持ちが判らなくなりました。
あんなにひたすら待ってるなんて出来るものかしらね?
ましてや途中色んな噂とか聞きながらも、なんで許せちゃうのかねぇ?
どうもすっきりしない。。。ぶつぶつぶつ

・・・ともあれ、相変わらず生田君がかっこよかったです。
目の保養が出来たからまっいっか・・・。

来週は「テルマエ・ロマエ」を見に行ってきます。
マンガ本も持ってるので特に楽しみ♪※原作とはだいぶ違うみたいだけど
2012年 04月 11日 |
d0058522_12434651.jpg昨日の晩、お花見をしたかんりにんで~す。
いや~先週の金曜日は寒くてリタイアしたけど昨日は暖かかった♪
15時に同じ部の参事がビニールシートを持ち席取りに行ってくれた&散りかけてたのであまり人がいなかったので電気もトイレも近くのいい席で楽しめました(*^_^*)

今日の東京は雨。
きっと散っちゃうね。
桜の見ごろってほんと一瞬だわ。
2012年 04月 09日 |
d0058522_12305673.jpg

金曜日に会社のお花見だったのですが、寒さに負けて顔出すだけでリタイアしたかんりにんで~す。
だって・・・隅田川沿いの公園だから川風がとても冷たいのです(T-T)
あそこでのお花見はトイレが近くてたまりません(ーー;)
明日もお花見予定がありますが・・・出欠は気温しだいですわ(苦笑)
2012年 04月 03日 |
d0058522_984568.jpg忘れてましたがうちのオッサン…いやいや、超スペシャル世界一可愛い『らくちゃん』が7歳になってました(汗)
獣医さんと考えた推定誕生日、4/1をいつも忘れ去ってるわ(>_<)
明日何か買ってきてあげよう…。

HAPPY BIRTHDAYらくちゃん♪

ビビりだけど…
精神病んでるって姉達に言われるくらい変なネコだけど…
職が細くて野良猫よりガリガリだけど…
それでも病気しないでくれるいい子ちゃん(*'。'*)
旅だったフェレ達の歳をどんどん越えてまだまだ長生きしてね。
2012年 04月 02日 |
ここ数日で知り合い数件のフェレットちゃんがお空へ旅立ってしまいました。
人の季節の変り目に亡くなる方が多いですが動物も同じなんでしょうかね?
うちのフェレットじゃないですがブログなどで状況を見ていたので旅立ったと聞くとやはり悲しくなります。
そしていつも「虹の橋」の話を読んでしまいます。
この話を書いた方は不明ということですが、この話でどれだけの飼い主さんが救われたか......。

****************************************************************
【虹の橋と雨降り地区】

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
…まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと…。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです…。

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。

***************************************************************

いい話です(T-T)
うちの子、みんな待っててくれるかな。。。
でもね・・・うちの子には一言付け加えて言いたいのです。
「待って無いでとっとと生まれ変わって戻ってきてくれてもいいんだからね」って。。。
2012年 04月 01日 |
d0058522_1934472.jpg
都内で桜の開花宣言がでたから来週くらいに良い感じに咲きそろいはじめるのかな?…に間に合わせて桜のつまみ細工(右、コーム)作りました♪
…センスがないから教えてもらってる先生にセットしてもらったキット利用ですけどね(汗)
桜の咲いてる中、つけて出かけたいね〜。
意味なく着物で散歩でも行きたいわ。
…左は、はまってる庚申薔薇♪
色柄違うだけで前のとだいぶイメージ変わるのね。
地味なのは母にあげよう(σ_σ)
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Cat&Fish Skin by Sun&Moon