人気ブログランキング |
日々の戯言、ぶつぶつぶつ。。。
gocha.exblog.jp
Top
<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
|
2015年 11月 23日 |

【あらすじ】
母親の言う通りに、いい学校をに入るべく必死で勉強する少女の隣家には、昼間は裏庭にある破損した飛行機を修理し、夜は望遠鏡で空を見ている老人が暮らしていた。引っ越してきて以来彼のことが気になっていた少女は、ある日母親に黙って老人と接するようになる。若かった時代に飛行士だったという老人は、かつて不時着した砂漠で出会った男の子の思い出を語りだすが……。(シネマトゥデイより)

****************************************************

ちょっと前にふと頭によみがえってきた「星の王子さま」のテーマソングもしかしたらこの映画の広告でも見て思い出したのかなぁ?なんて思いつつ見に行ってきました(ちなみに映画のエンディングは違う歌です)
前半は星の王子さまと砂漠で出会った飛行士(の老後)と隣に住む少女との話で後半は少女が王子さまを探しに行く話。
もしかしたらお子様には前半しか面白くないかも?
後半に入ると大人向けのメッセージ性が強くなってる気がする。
泣くほどではないけど心にジ~ンとくるものがあります。
王子が大人になってやさぐれてたのを見てかなりショックだったけどね(-_-;)

・・・あっ、【注意】やっぱりこれは原作を知らないとわけわかないかもしれないね。
ただ原作を読みなおしても深すぎて意味がつかみずらい話なので好き嫌いが判れちゃうかも?
2015年 11月 21日 |

【あらすじ】
東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。(シネマトゥデイより)

****************************************************

映画館で流れていた予告を見て気になったのでレイトショーで見に行ったらとても面白かった!!
最近スパイ映画が多いのですがこちらはレトロ!!
60年代チックな髪型や服装、音楽が逆に新鮮でカッコいいのですよ~。
手の込んだスパイ物が大半な中でとてもシンプルでGood♪
私、始めはイリヤ役の人が気になっていたけどナポレオン・ソロ役の人(←この間スパーマンやった人だよ)の濃さにすっかりはまりましたわ(笑)

こちらのお話、元々は60年代ドラマでそれをもとにしての新作だけど多分位置的にはリメイク版って事になるんだと思う(私はドラマは見たことが無い)
海外のサイトでは票が判れてたのでどうしようかなぁ~って思っていたのですが行って良かったよ。
たぶんそのドラマを知っている人的にはイマイチで新しい人には評判がいいんじゃないのかな?
続編が出来そうな終わり方だったので多いに期待です(*^。^*)

次のスパイ物は王道の「007スペクター」ですね。
今まで見たいと思ったことが無かったのですが予告がかっこよかったんだけどどうしようかなぁ?
さっきも書いたけどなんで今年はこんなにスパイ物が多いんでしょ?
これといってスパイ物が好きなわけではないけれど「ローグネイション」「キングスマン」「コードネームU・N・C・L・E」「スペクター」全部スパイなのにみんな種類(持ち味?)が違うので楽しめてうれしいね。
2015年 11月 18日 |
d0058522_16282351.jpg
本日は午後から常務が外出。
その際通りがかりに「クリスマスツリー出しておいて(≧▽≦)」って超笑顔で声をかけられた。

やっぱり今年もツリー飾るんだ(-_-;)

なぜHalloweenとクリスマスだけ参加したがるんだろう?
お正月飾りとかは全くないんですよ。
なのになぜなんだ???

・・・で、去年やたらとギラギラなモールで飾りつけられてた(常務作)のが気に入らなかったので今年は赤リボン(かんりにん作)で可愛らしさを出してみました。
それでも十分鬱陶しい気がするが静かすぎるのは常務にクレーム入れられそうなのでちゃんと電球もつけたよ。

ちなみにHalloweenもクリスマスも飾りは100%常務の私物。
そして朝寝坊して遅刻した私の一番目の仕事がこれでした(汗)
2015年 11月 17日 |

■携帯電話を替えたい

2年縛りで携帯を使ってもう支払いは終わっているし、本気で充電が持たなくもなってきたのでそろそろ新しいものに買い替えたい。
でも携帯って高いんですよね(-_-;)
どうせ24回払いだから月々の支払的には大差ないのかもしれないけどそれでも躊躇しちゃう金額です。
そんなことを考えていたらケースのスワロもポロポロとれはじめ(2年以上たつとボンドが劣化するんだねぇ)あまりきれいな状態とも言えず悲しくなってきました。
ケース作るとしたら+1万以上のお金がかかっちゃうし...どうしようかなぁ。


■次に見る映画は「リトルプリンス 星の王子様」

まだ公開前ですが海外のCRITIC RATINGSの評判がいいです。
ちなみに日本ではまだ未公開の場合参考にしているのは【FANDANGO】http://www.fandango.com/というサイト。
CRITIC RATINGSとFAN REVIEWSが一緒に載ってるので評価が判りやすいです。
星の王子様の原作そのもの話ではないのですがかんりにん的にちょうど先月(?)「星の王子様」の歌を思い出して気になっていたところだったので調べてみたら評価が良かったんですよ。
そろそろ泣ける話とか見たい気分なんですよね(*´ェ`*)


■デザインフェスタに行きたいが..........

手作り製品にとっても弱いかんりにんです。
オリジナルって言うところとちゃんと作ってくれてるっていうところに引かれます。
まぁ私自身もハンドメイドが好きなので・・・。
なので年に2回行われるハンドメイドの祭典「デザインフェスタ」(11/21~22ビックサイト)に行きたいのですが行くと散財しちゃいそうで迷っています。
ここの所やたらとtetoteというハンドメイドサイトで買い物しちゃって懐が厳しいの。
お給料日前だしなぁ(T-T)


■使いやすさが一番でしょう

もうカレンダーを丸めるシーズンなんですね。
会社で年末のご挨拶に持っていくカレンダーが山積みになっているので丸めています。
派遣を使って内職をするなんてなんて贅沢(笑)
それにしても、今いる会社のカレンダー使いにくいので貰っても嬉しくないと思う。
写真が大きくて数字が小さくメモ書きする場所もないんですよ!!
やっぱりカレンダーはでっかい数字&予定が書ける+六曜が載ってるのがいいよね。
2015年 11月 15日 |

【あらすじ】
狡猾(こうかつ)な政治家が台頭し、戦士たちが追いやられようとしている帝国。ある日、強欲な大臣から賄賂を要求されるも、それを断った上に彼に刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)が反逆罪に問われるという事件が起きる。その後死刑判決が下され、自身のまな弟子であった騎士ライデン(クライヴ・オーウェン)の手で斬首されてしまう。1年後、ライデンは酒に溺れる毎日を送り、ほかの騎士たちも刀を捨てていた。だが、その裏で彼らは主君バルトークの敵を討ち、堕落した権力者たちへ報復する計画を進めていた。
(シネマトゥデイより)
*****************************************************

紀里谷監督のハリウッド版忠臣蔵。
終始darkなイメージを保ち雰囲気はいいんですが、ストーリーに物足りなさを感じた。
でもそれって、たぶん日本の時代劇の忠臣蔵がしっかりこびりついた自分の頭がいけないんじゃないかな?とも・・・。
映画だと短い時間でストーリーを作らなくちゃいけないからバルトーク卿とライデンの絆がそれほど深いものだとは判りずらかったんだよなぁ。
TVの忠臣蔵は12時間ドラマとかだものね・・・2時間枠じゃ表現しきれなかったんだろう。

紀里谷監督は最初の「キャシャーン」で何が言いたいのかわからないまま終わり、2作目の「GOEMON」で独特の映像感がツボにはまって楽しくなったのに今回の映画の予告では雰囲気がだいぶ違っていたので心配したのだけど、・・・この人、色の少ない映画でもやっぱり映像の作り方が綺麗だわ。
これでもっとストーリーに厚みのある物を作れたらいいのに・・・。
2015年 11月 11日 |
図書館の予約を見たら読みたい本の予約がやっと200番目になりました。
お盆のころ予約をして350人待ちだったので3か月くらいで150人進んだ。
来年の春には読めるかな(汗)

・・・でまだ本を読んでいますがあまりにも目がショボショボしたりするので他の気になることを無理にでもやることにして冊数を減らすことにしました。
土曜日に借りる本は1冊。
美女と野獣 Beauty and the Beast (ラダーシリーズ Level 1)
あまり厚みも無いはず。
これを2週間かけて読みますがそれでも読み切れないと思うんだ・・・なぜって英語版だから。
ラダーシリーズってレベル順に難しい話が出てるらしく、この美女と野獣はlevel-1(英検4~5級レベル/TOECでは300点くらい?)らしい。
それでも挫折する気がするけど興味があったので図書館で借りてみることにしたの。
私の頭は幼児向け絵本レベルが丁度いいんだろうけどそれじゃ電車の中で読めないからね(苦笑)
2015年 11月 09日 |

あらすじ
恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。
(シネマトゥデイより)

*******************************************************

土曜の夜はTOHOシネマズが安かったのよ。
だから期待しない映画を見に行ってきました。
もちろん生田君を目当てに( ̄∇ ̄*)

まず原作と設定が違う。
最初と最後は原作をそのまま使ってほしかった。
出だしからそうだからその段階で微妙な雰囲気を醸し出し「なんでいきなり渋谷のスクランブル交差点に車突っ込ませたの?」的なところから始まり若干意味不明なままストーリーが進んで行きます。
まぁ出てきた登場人物は大まかには同じだけど鯨(←殺し屋の名前)とかもっとこう凄味(眼力)が欲しかった。
そして七緒(役名忘れたw)...彼女が悪いわけではないが気持ち的に「もう悪役辞めればいいのに」ってのが拭えず・・・。
逆に蝉(←こちらも殺し屋)の山田君はまったく期待していなかったのでアクションとか狂気とかが逆によかった。
で、肝心の生田君はアクションがあるわけでもなく頼りないけどとにかく優しい&特に目立ちもしない主人公をこなしてたのでつまらなかったけどストーリー的にはいいんだろう。。
まぁ原作を知らなければボチボチ楽しめるかも知れない。
ただ意味不明なところが引っ掻かっちゃうかもなぁ。。。な感じの映画でした。
2015年 11月 08日 |
d0058522_19385210.jpg国立東京博物館(トーハク)に「始皇帝と大兵馬俑」を見に行って来ました。
トーハクの特設展はいつも混んでいますが今日は雨と言うことで空いていました。
昨日の夜、NHKで特番があったので混んでるかとリュックサックに椅子入れてまで挑んだのに…(-_-;)
でもまあ、ゆっくり見ることが出来たからいいか♪

兵馬俑、良かったです!!(≧∇≦)
本当に精巧に作られていてそれぞれ顔も違うし配置され地いる場所で役割も違うのだそうですよ。
そして一番誤解していたのが埋められていた場所。
お墓からは1.5kmも離れたところなんです。
てっきりピラミッドの方舟みたいにすぐ下に合ったのかと思っていました(;^_^A
そしてお墓自体の規模にもビックリ。
周囲10kmを塀で囲みそのなかにたくさんの建物が作られていたそうです(兵馬俑はそこからさらに離れた場所)
さすが中国をはじめて統一した人だけあってスケールが違うね~( ̄▽ ̄;)
色々勉強になりました。
ちなみに日本ではまだ弥生時代…やっと稲作始めた時代のことです。
2015年 11月 06日 |
d0058522_10373710.jpg山梨にあるリニア実験センターでリニアモーターカーの試運転に乗ってきました♪
今年三回目の抽選に当たったの(*^_^*)
朝からウキウキで友達と待ち合わせて遠征。
一回に乗ったのは2両分の乗客だったから110~120人くらいかな?(17列×4席並び×2両で、前後、端の方の席は空けてあった)
思ったより狭い車内で、昔の新幹線のようなイメージ。
そして窓の大きさは飛行機だったな。
まだまだ改良されるんでしょうが試乗の段階で客席には未来を感じさせるものは無かった。
ただ問題の走行にはビックリ!!
はじめはタイヤ走行で160km位から浮上走行するのですが感覚的に分からないくらいの振動&信じられないくらいあっという間に速度がでてるので速さを感じさせないの。
私たちが乗った回の最高速度は502kmで、この体験乗車では実験線を往復で走ってくれるので500km超えを2回体験できました(リニアが人を乗せての走行でn最高速度は603km←ギネス記録らしいよ)
実験線は42キロちょっとあるのですが端から端まで走行して10分もかからない。
だからもちろん流れる景色は超速かった!!(≧∇≦)
速度を落として浮上からタイヤ走行に変わる時だけ若干飛行機の着陸時の振動(あそこまでの衝撃はないが感覚的に似た感じ)みたいなものがありましたが一瞬だけの事でした。
それにしても、確かにあの速さなら大阪まで60分ちょっとで行けるんだろうな~時代の進歩ってすごいなぁ~って感心するばかりですよ(リニア開発はだいぶ時間がかかってはいるけどw)

途中の名古屋までの開業予定が2027年とまだ先の話なので今乗れてよかった( 〃▽〃)
JR東海さん当ててくれてありがと~&ゆりさん仕事休んでまで付き合ってくれてありがと~\(^o^)/
楽しかったです!!(≧∇≦)
2015年 11月 03日 |
d0058522_20134371.jpg
こちらが薔薇の形のパイ。
色つけすぎちゃってまるでお肉のような色ですが薄くスライスしたリンゴを煮たものです。
食紅入れすぎたの。
でも会社で消費してもらったら味は好評でしたよ~。

あっ別にお菓子作りは趣味ではありません。
食べたいものしか作らない♪
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Cat&Fish Skin by Sun&Moon