人気ブログランキング |
日々の戯言、ぶつぶつぶつ。。。
gocha.exblog.jp
Top
<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2018年 03月 29日 |
d0058522_121524.jpg去年は上野まで行きましたが今年のお花見は近場の
錦糸公園♪
ちょうど満開でとても綺麗でしたよ(*^。^*)
本数的には上野に負けるけどそれでも結構たくさんの人が出てて人をいれないで写真を撮るのが難しかった~。
でも出店とかが無かったのが意外。
何も持たないで行ったので噴水の脇に腰かけて桜を見ながら少し歓談しそこから居酒屋へgo!
飲みすぎて今日は二日酔いなかんりにんです(-_-;)
超楽しかったが今ツライ~(>_<)
2018年 03月 22日 |

***あらすじ***
過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。(シネマトゥデイより)
**************************************************************
予告を見たときはまったく見たいと思わなかったのですが水曜で安かったし暇だったので見に行ってきました。
そしたらとても良くて驚いた……子供に理解できるのかは判らないけど大人は泣ける。
確実に大人ターゲットな作品です。
宣伝で「家族に会いたくなる映画」っていうだけあって家族愛がすごい。
死者の国に迷い込んだ主人公が紆余曲折ありながらも真実を見つけ本当の家族愛に気が付くの。
最近ディズニー系の映画で年寄りの意見を押し付けっってのが目立つのが気になる(モアナもそうだったよね)ところですがそれほどマイナスな気分になる事も無く、とにかくきれいな映像と音楽で話が進みラストで泣かされた(T_T)

メキシコの死者の日は日本のお盆のような習慣で死者を思い出す方法やお供えはだいぶ違うけれど日本人は入り込みやすいテーマかも知れない。
日本での「リメンバー・ミー(私を忘れないで)」というタイトルがぴったりはまる作品でした(海外では「coco」ってタイトルです)

・・・いつもは必ず字幕を見るのですがこの作品はなぜか地元では吹替しかなかったのでそれを見たのですが主人公の声優さんいいよ!!
13歳の子なんだけど声最高。
そして最近の映像ってアニメーションのクォリティが高すぎだわ~って実感できるよ(笑)
2018年 03月 20日 |
d0058522_16101910.jpgFBに載せてこっちにUPするの忘れてたけど携帯のカバー(手帳型)を替えました。
本当は携帯自体を替えたかったのだけれどまだまだ使えるしdocomoの春モデルにビビビっと来るものも無く…そして何より私は常に金欠。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。ということでカバーだけお取替え♪して気分転換(^o^)/
Amazonで1番安い縞々のケースを購入しオリジナルを目指しアップリケを貼り貼り。
40代が持つには可愛すぎる気もしましたが今回は太陽とプテラノドン*2とアパトサウルスの組み合わせです(裏は木*2+プテラノドン)
色合い考えずにアップリケを購入した割にはそんなにおかしくは無い・・・と思いたい(笑)
2018年 03月 15日 |
カルディーのお菓子詰め合わせ
ROYCE’のマカロン詰め合わせ
成城石井のバニーちゃんの形のチョコ詰め合わせ
鎌倉の焼き菓子詰め合わせ
シェイズのマカロン詰め合わせ
DemeraraBakeryのスコーン詰め合わせとクリームチーズ
ROYCE'のわんこの形のチョコレートとチョコ詰め合わせ
資生堂パーラーの生チョコとパパブブレの東京限定キャンディ
GODIVAのチョコ
お菓子のまちおかで買って来てくれたマシュマロ

・・・マシュマロくれた人の以外あげたチョコレートがとてもお安い物だったのでエビで鯛ってよりエビでマグロ釣り上げたくらいの成果にびっくり。
※一人だけ各上でGODIVAあげた方はマシュマロだったけどスキー連れて行ってくれたんだ(#^.^#)

いつもお土産買って来てくれるからバレンタインはそのお礼って気持ちだったんだけど…気を使わせちゃったね。
美味しくいただかせていただきます(*^。^*)
2018年 03月 12日 |
d0058522_16271851.jpg昨日久しぶりにスキーに行ってきました(^^♪
前々から「スキーに連れて行って!!」と伝え続けていた人からやっとのお誘い・・・でしたが・・・来たのが前日の夜20時頃(=_=)
急すぎ!!!!!(汗)
若干悩みましたがでも行って良かったです。
とても天気が良くて気分最高。
写真のとおり景色もバッチリ。
これでキレッキレで滑れたらさらに最高なんですが久しぶり以前に、そもそもがあまりうまくも無いので連れて行ってくれた人が常に前で待っていてくれる状況で…遅くてすみませ~~~~んm(_ _;)m

連れて行ってくれた方がとても上手いんですよ。
元々フリースタイルをやってたそうでコブ大好き疲れてなければエアもやる…一年ぶりのスキーだと言っていたのにエアした時は見てるこっちがドキドキ(苦笑)
かんりにんなんて、ちょっとの凹凸で浮き上がっちゃうのですら怖いのにジャンプしてその間に技入れてくるとか同じ人間だとは思えない。
失敗したら痛いじゃん・・・コブだって膝に負担掛かりそうじゃん・・・あり得ない(x_x;)

そんなこんなで朝から昼過ぎまで滑って撤退・・・帰りは猿ヶ京にある「まんてんの星の湯」で気持ちい露天風呂に入って戻ってまいりました。
千葉県から新潟県までの往復運転とスキーの指導ありがとうございました。
車の中もスキーもすごく楽しかった(≧▽≦)
また誘ってほしい~q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

・・・今のところ運よく筋肉痛は免れてるかんりにんですが、年齢的に一日遅れで来ることを恐れていますr( ̄_ ̄;)

2018年 03月 10日 |

***あらすじ****
1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザ(サリー・ホーキンス)は、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹(ひ)かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。ところが“彼”は、もうすぐ実験の犠牲になることが決まっており……。(シネマトゥデイより)

***************************************************

2018年アカデミー作品賞受賞
ファンタジー。。。は好きなんだけどこの作品の良さが判らなかった。
そもそもアカデミーをとる作品は自分の中ではいつも微妙だと言うことを忘れていた(汗)
半魚人(?)と声の出せない女性の愛の話???なのか???
そもそも主人公は何を思って危害を加えてきそうな半魚人に興味を持ったんだろう???
同情???
人と違うと言う仲間意識???
共感できるというか親しみが持てたのは掃除係の同僚と博士くらいかな。
後の登場人物はみんな苦手で誰とも知り合いになりたくない。
半魚人もB級映画に出てきそうな感じ。
そして、R15指定になる程度の中途半端なエロシーンを入れる必要があったのかな???
・・・何を語りたかったんだろう???
2018年 03月 05日 |
3月........まだ寒い日があると言うのに先週ホットカーペットさんがお亡くなりになり古い一軒家で底冷えに耐えているかんりにんで~す。
断熱シート+死んだホットカーペット+ラグ+ラグ…ここまでしてやっと冷たくは無い(でも冷える)レベルです。
色々情報を見ていて寒い時期だけ軒下にある換気口を塞ぐというのを見つけたので帰ったらダンボールか何かで封をしてしまおうかなって思ってます。
※夏は湿気が多いので喚起が必要らしい 入居するときに室内と外観はリフォームしてくれたのですが床下まではやってくれてないので自力でどうにかしなくちゃ(>_<)
このまま床が冷たいとらくちゃんが背中や肩に乗ったまま貼りついて降りてくれない&お留守番中も寒いからね。
新しいホットカーペットを買うのが一番ですが電気屋を連れて回ってもらってもどこももう季節家電ということで扱いがほぼほぼ無く…「ちょっと早すぎじゃないっすか⁉」と衝撃を受けてたわたしです。
とりあえず喚起口塞ぎで金曜まで実験してみて駄目そうなら夜のうちにAmazonで探してネット注文しよう…。

先月父が行った西国33カ所巡りですが、順調に旅を終え半月過ぎ今更「1番札が無いから持ってたらくれ」と連絡が来ました。
御朱印はどこでももらえるのですが、この度は1番から33番まで番号が書いてあるしゃもじみたいな札が貰えそれが証明のような形になるのですが・・・・・・・マジでなぜ今更(汗)
残念ながら私はどうでもいいと思って貰ってなかった1番(x_x;)
ちなみに甥は25番札が無いと…(―_―ゞ
仕方ないので姉が「お父さんに1番渡して冥途の土産にコンプさせるか…」とつぶやいていました。
間抜けなコンビです。
甥はまだ22歳なのでまたいつか行く機会があるかもしれないしね(苦笑)

通勤電車にプリンセス天功のようなメイク&恰好のお姉さんがいます。
大抵前の席に座っていてヤバいくらいの厚化粧を社内でお直ししている顔が面白くてガン見。
持っているものやメイクはとても若いのですが手のシワやほうれい線が50代半ばという感じなんですよね。
格好とか十人十色、迷惑かけなきゃ好きずきだと思うのですが電車の中での化粧だけは控えるべき思う。
薄目開けてみたり目を見開いてみたり・・・めちゃくちゃ変顔で笑えます。
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Cat&Fish Skin by Sun&Moon